基礎理論研究部会

活動内容:

本研究部会(LET-FMT-SIG)は、その名の通り、すぐれた教育実践を支える基礎となる理論的研究を行うことを目的としています。1994年12月に本格的に活動を開始して以来、外国語教育に関わる心理言語学や認知科学などの諸領域を踏まえながら、テクニーク、メソッド、アプローチという外国語教育に関わる3分野のうち(Anthony, 1963)、最も基礎的なアプローチの部分を中心に理論的かつ実践的な探求を続けています。

共同研究プロジェクトでは、「第二言語メンタルレキシコン」「英単語親密度」「絵描写課題を使ったスピーキングの繰り返し効果」「フォーミュラ(定型表現)の親密度調査」といったテーマを推進し、国内外の学会やジャーナルに発表したり、書籍『フォーミュラと外国語学習・教育:定型表現研究入門』を出版したりするなどの成果をおさめています。

一般公開の例会では、毎月もしくは隔月のペースで、理論から実践まで幅広いトピックについてのイベントを企画・開催しています。学際的かつ国際的な知的交流の場に、ぜひ気軽にお越しください。

★English Blog of LET-FMT-SIG: https://let-kansai-fmt-sig.blogspot.com/
★例会情報受信希望フォーム: https://forms.gle/oZvKaUJPGzXP9fqVA
★X(旧Twitter): https://twitter.com/let_fmt_sig

基礎理論研究部会

2024/06/05

第13次 基礎理論研究部会第2回研究例会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster1
基礎理論研究部会
■7月例会(第13次 基礎理論研究部会第2回研究例会)(AI Day)

(For information in English, please click on the link below: https://let-kansai-fmt-sig.blogspot.jp

日時:2024年7月14日(日)例会:1:30PM~4:30PM
*時間厳守でお願い致します。

内容:
1. AI-based tools and L2 writing: Patterns of use and attitudes among Japanese university students
by Michael Hofmeyr (Tokyo University of Science)

2. Design & Digitize: Elevating Classroom Materials with AI and Interactive PDFs
by Lucas Dickerson (Kwansei Gakuin University)

会場:Zoom利用によるオンライン開催の予定です。
下記「参加希望フォーム」にご回答いただいた方に、メールでアクセス方法をお送りいたします。
参加希望フォーム: https://forms.gle/7Juaqpd6KqGmoFbF7

フォームへのご回答は例会開催の前日の5:00PMまでにお願いできますと幸いです。
ご回答いただきました情報に基づいて、Zoomミーティングルームへのリンクをお送りさせていただきます。

また、もし上記の締め切りを過ぎてご回答いただいた場合でも、追ってZoomミーティングルームへのリンクをお送りさせていただきますが、すぐに対応ができない場合もございますのでご了承ください。

発表内容詳細などについては次のウェブページをご参照ください。
https://let-kansai-fmt-sig.blogspot.com/2024/06/july-14-2024-meeting-ai-day.html

(備考)
■ 第13次 基礎理論研究部会 第2回 研究会議(プロジェクトメンバーのみ)
◆日程: 2024年 6月 16日(日)10:30AM- (オンライン)
◆内容: プロジェクトミーティング

例会案内20240714

11:51

2024/05/06

第13次 基礎理論研究部会第1回研究例会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster1
基礎理論研究部会
■5月例会(第13次 基礎理論研究部会第1回研究例会)(情動的要因と英語教育:Emotion Day №3)
(For information in English, please click on the link below: https://let-kansai-fmt-sig.blogspot.jp

例会案内20240526

日時:2024年5月26日(日)例会:1:30PM~4:30PM
*時間厳守でお願い致します。

内容:
1. 日本人英語学習者のポジティブな情意的要因を活かした指導の研究事例について
 [Translation] Reports on the effects of instruction enhancing Japanese EFL learners’ positive affective factors on their language development
by 大山 廉 Ren Oyama (茨城大学 Ibaraki University)
 *関連文献:大山廉(2023)「学習者の情意と英語の指導法」大瀧綾乃、須田孝司、横田秀樹、若林茂則[編]『第二言語習得研究の科学2:言語の指導』(pp. 145-164)くろしお出版

2. 多読教材の情動性とエンゲージメント
 [Translation] Emotionality of extensive reading materials and engagement by 金澤 佑 Yu Kanazawa (大阪大学 Osaka University)
 *関連文献:金澤佑(2022)「高等教育活動におけるディープ・ポジティビティ仮説と認識情動」『感情心理学研究』30 (Supplement), OS2-09.

会場:Zoom利用によるオンライン開催の予定です。

下記「参加希望フォーム」にご回答いただいた方に、メールでアクセス方法をお送りいたします。
参加希望フォーム: https://forms.gle/ZtXnbGtrD5QC1hFu9

フォームへのご回答は例会開催の前日の6:00PMまでにお願いできますと幸いです。
ご回答いただきました情報に基づいて、Zoomミーティングルームへのリンクをお送りさせていただきます。

また、もし上記の締め切りを過ぎてご回答いただいた場合でも、追ってZoomミーティングルームへのリンクをお送りさせていただきますが、すぐに対応ができない場合もございますのでご了承ください。

発表内容詳細などについては次のウェブページをご参照ください。
https://let-kansai-fmt-sig.blogspot.com/2024/04/may-26-2024-meeting-emotion-day-3.html

*****
5月25日(土)開催のLET関西支部2024年度春季大会では、本研究部会部会長が以下の基調講演を行います。
15:40-17:10 基調講演 (対面+Zoomライブ配信)「21世紀型スキルを伸ばすディープでアクティブな技能統合型授業」 講師:金澤 佑(大阪大学)
https://let-kansai-fmt-sig.blogspot.com/2024/04/fyi-may-25-2024-let-kansai-conference.html
*****

(備考)
■ 第13次 基礎理論研究部会 第1回 研究会議(プロジェクトメンバーのみ)
◆日程: 2024年 4月 27日(土)10:30AM- (オンライン)
◆内容: プロジェクトミーティング

00:25

2024/01/31

第12次 基礎理論研究部会 第12回研究例会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster1
基礎理論研究部会
3月例会(第12次 基礎理論研究部会第12回研究例会)(【哲学対話×英語教育】:P4ELT Day)
(For information in English, please click on the link below: https://let-kansai-fmt-sig.blogspot.jp
日時:2024年3月23日(土)例会:1:30PM~4:30PM
*時間厳守でお願い致します。
内容:
1. Presentation: P4ELT – its Theoretical Background
 by Yu Kanazawa 金澤佑 (Osaka University)
2. Presentation: CLIL and Philosophical Dialogue
 by Tatsuma Shirai 白井龍馬先生 (National Institute of Technology, Kurume College)
3. Symposium: P4ELT in Practice
 by Shogo Shimizu 清水将吾先生 (Sophia University),
   Takuya Morita 森田琢也先生 (Ikeda Senior High School, Osaka Kyoiku University),
   and the chair, Koki Matsushima 松島恒熙先生 (Shinshu University)
会場:Zoom利用によるオンライン開催の予定です。
下記「参加希望フォーム」にご回答いただいた方に、メールでアクセス方法をお送りいたします。
参加希望フォーム: https://forms.gle/9rtX6DBGB4tCQfRg7
フォームへのご回答は例会開催の前日の5:00PMまでにお願いできますと幸いです。
ご回答いただきました情報に基づいて、Zoomミーティングルームへのリンクをお送りさせていただきます。
また、もし上記の締め切りを過ぎてご回答いただいた場合でも、追ってZoomミーティングルームへのリンクをお送りさせていただきますが、すぐに対応ができない場合もございますのでご了承ください。
発表内容詳細などについては次のウェブページをご参照ください。
https://let-kansai-fmt-sig.blogspot.com/2023/11/march-23-2024-symposium-p4elt-day.html
(備考)
■ 第12次 基礎理論研究部会 第12回 研究会議(プロジェクトメンバーのみ)
◆日程: 2023年 12月 16日(土)3:00PM- (玉造)
◆内容: プロジェクトミーティング
■ 第12次 基礎理論研究部会 第13回 研究会議(プロジェクトメンバーのみ)
◆日程: 2024年 2月 25日(日)10:30AM- (オンライン)
◆内容: プロジェクトミーティング

05:02

2023/12/05

2月例会(第12次 基礎理論研究部会第11回研究例会)のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster1
基礎理論研究部会
■2月公開講演会 – SLA研究×認知心理学:語彙・文法学習における練習(Practice)研究の最前線(第12次 基礎理論研究部会第11回研究例会)
(For information in English, please click on the link below: https://let-kansai-fmt-sig.blogspot.com/2023/11/february-24-2024-in-person-event.html
日時:2024年2月24日(土)午後2時~午後4:40(午後1:30開場)
*時間厳守でお願い致します。
招待講演者1:鈴木 祐一 先生 (神奈川大学)
招待講演者2:中田 達也 先生(立教大学)
<<概要>>
 近年、認知心理学の理論や知見を援用した第二言語習得(SLA)研究が注目を集めている。
 第1部では、外国語教育における練習(Practice)の役割がどのように変わってきているかを第二言語習得研究と認知心理学の観点から概観する。具体的には、外国語教育の効果を高める上で重要な練習の5原則(deliberate, systematic, transfer-appropriate, feedback, desirable difficulty) と実証研究の成果を紹介する。
 第2部では、第二言語語彙練習の効果に影響を与える諸要因について論じる。具体的には、テスト(想起練習)、peer testing、和訳テスト・英訳テスト、音声を伴うテスト、多肢選択式テスト、フィードバック、累積テスト、random selection test、分散学習などについて考察する。
プログラム:
14:10- 講演 第1部(鈴木先生) Practice研究の新しい動向:効果的な文法練習とは?
15:10- 休憩
15:20- 講演 第2部(中田先生) 第二言語語彙学習における効果的なPractice:どのような練習をいつ行うべきか?
16:20- 質疑応答
◇参加費:無料
◇講演会:事前参加登録不要(定員約90名)
◇懇親会:下記アドレスからお申し込みください
     https://forms.gle/aVZYdPd7AH7FbFEf6(事前受付締切:2/3土)
会場:関西学院大学 大阪梅田キャンパス
〒530-0013 大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー14階 1405教室
問合せ: 執行部(金澤 佑・ラフラー ルイ・大竹 翔子)let.fmt.sig [at] gmail.com
発表内容詳細などについては以下の資料をご参照ください。
基礎理論2024年2月招待講演チラシ.pdf
(備考)
■ 第12次 基礎理論研究部会 第12回 研究会議(プロジェクトメンバーのみ)
◆日程: 2023年 10月 22日(日)10:30AM-
◆内容: プロジェクトミーティング
■ 第12次 基礎理論研究部会 第13回 研究会議(プロジェクトメンバーのみ)
◆日程: 2023年 12月 16日(土)3:00PM-
◆内容: プロジェクトミーティング

05:33

2023/10/02

11月例会(第12次 基礎理論研究部会第10回研究例会)のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster1
基礎理論研究部会
■11月例会(第12次 基礎理論研究部会第10回研究例会)(Gamification Day)

(For information in English, please click on the link below: https://let-kansai-fmt-sig.blogspot.jp)

日時:2023年11月19日(日)例会:1:30PM~4:30PM
*時間厳守でお願い致します。

内容:
Presentation #1
The Effects of Gamified Interleaved Spaced Repetition on Vocabulary Learning
   by Louis Lafleur (Kwansei Gakuin University)

Presentation #2
Using Games, VR, and AI to Learn Uncommon Languages
   by Liang Xu (Charlie, 许亮) (Dublin City University)

会場:Zoom利用によるオンライン開催の予定です。

下記「参加希望フォーム」にご回答いただいた方に、メールでアクセス方法をお送りいたします。
参加希望フォーム: https://forms.gle/mbRDtgepUuBGbqqA7

フォームへのご回答は例会開催の前日の5:00PMまでにお願いできますと幸いです。
ご回答いただきました情報に基づいて、Zoomミーティングルームへのリンクをお送りさせていただきます。

また、もし上記の締め切りを過ぎてご回答いただいた場合でも、追ってZoomミーティングルームへのリンクをお送りさせていただきますが、すぐに対応ができない場合もございますのでご了承ください。

発表内容詳細などについては次のウェブページをご参照ください。

(備考)
■ 第12次 基礎理論研究部会 第11回 研究会議(プロジェクトメンバーのみ)
◆日程: 2023年 8月 27日(日)10:30AM-
◆内容: プロジェクトミーティング

07:31